読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

atabii

PCとかドットとか

VCCWの導入メモ

また設定メモです。
前回と書き方変わってるかも。しらねーよぉ!(ノシ*'ω'*)ノシ

今回は(も)こちらのブログを参考にしました。ありがたやー。

vdeep.net
www.s-arcana.co.jp
VCCWとWockerの比較はこちら。
VCCWとWockerの比較。wordpress開発の新しい選び方。 | codechord

環境は以下の通りです。
Mac OS X Sierra(10.12)
・iTerm2 (3.0.12)

VCCWのダウンロード

VCCWのダウンロードは公式サイトからどうぞ。
vccw.cc

zipで落とせるので、解凍します。今回のバージョンは3.0.2です。
前回作成したVagrantディレクトリは「~/」つまり「/Users/ユーザ名/」なので、場所は「~/Vagrant」です。
そのVagrantディレクトリ内に解凍したVCCWをもっていきます。

$ ls ~/Vagrant
myCentOS7VM vccw-3.0.2

プラグインvagrant-hostsupdaterのインストール

Macの方はターミナルから下記コマンドでVagrantプラグインvagrant-hostsupdater)をインストールするとIPアドレスがホスト名としてアクセスできる設定が書けるようになるらしい。

$ vagrant plugin install vagrant-hostsupdater
Installing the 'vagrant-hostsupdater' plugin. This can take a few minutes...
Installed the plugin 'vagrant-hostsupdater (1.0.2)'!

仮想マシン立ち上げたときホストOSの「/etc/hosts」を、「Vagrantfile」の設定に合わせてくれる。終了時には自動で起動前の設定に書き換わるんだって。すごいね。

VCCWのVagrant Boxの追加

$ vagrant box add miya0001/vccw

設定ファイルの作成

「vccw-3.0.2/provision/」にあるdefalt.ymlをsite.ymlとコピーし、vccw-3.0.2の下に移動させます。

$ ls vccw-3.0.2
LICENSE     README.md   Vagrantfile ansible.cfg provision
$ cp vccw-3.0.2/provision/default.yml vccw-3.0.2/site.yml
$ ls vccw-3.0.2
LICENSE     README.md   Vagrantfile ansible.cfg provision   site.yml

site.ymlには「言語設定」「最初から導入したいWordPressプラグイン」「ホスト名」「利用するメモリー量」などなどを設定できます。便利ですね。

参考にしたvdeepさんより引用。
本当便利っすね!
使いたいプラグインはpluginsに書いておけばインストールしてくれるそうです。わーお。

初期設定

site.ymlを開きます。テキストエディタで開いてもいいですけど、今回はemacs使ってます。
f:id:rocinante0o:20161116100259p:plain
f:id:rocinante0o:20161116100700p:plain
いつでも変更することができますので、後ほど変えてもOKです。編集した後に「vagrant reload」コマンドを叩けば適用されます。

VCCWを使って仮想マシンを起動

$ vagrant up

※ちょっと時間かかります。10〜15分くらいかな。

完了

hostnameがデフォルトのままだと下記にアクセスすると表示されるはずです。
http://vccw.dev/
管理画面は
http://vccw.dev/wp-admin
でいけると思います。admin/adminで入れると思う。

Vagrantのコマンド一覧

qiita.com


あとはVagrantfileの編集とかそのへんかな?その他諸々は下記のブログを参考にします。
dev.blog.fairway.ne.jp
wp-e.org

一応できましたが、やり方の順番が違ってたりするかもしれない……ちょっと自信がない。
そういうときにはこの記事で紹介しているブログを参考にしてください!